日焼けシミの原因とは

シミの種類や範囲・原因を理解しておきましょう!
シミは「シミを作り出す要因」「シミを肌に残す要因」の2つの要因があります。
このどちらか一方でも解消できれれば、シミが出来にくくなります。「シミを作り出す要因」 紫外線や加齢による細胞の損傷と
メラノサイトがメラニン色素の異常生成を引き起こすことでできます。いわゆる紫外線貯金と言われるモノです。
「シミを肌に残す要因」 ホルモンバランスやストレス・生活環境の影響によるターンオーバーの崩れから発生します。
シミ対策としては、この「異常な量のメラニン色素を作らない事」「お肌のターンオーバーを適性に促す事」が必要になります。

紫外線貯金とは

肌に紫外線によるダメージが蓄積されることを言います。
紫外線ダメージとは、エラスチンやコラーゲンが肌を再生させる能力(ターンオーバーを促進する)を持っていますが
紫外線により破壊された細胞は、ターンオーバー力を低下させ、またダメージを受けたメラノサイトによるメラニン色素の異常生成により
色素沈着を発生させます。それが「シミ」ということです。
またコラーゲンが破壊されてしまうと肌の水分量がどんどん減りシミだけでなくシワの原因にもなってしまいます。

紫外線の基礎知識

image_01

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と目に見えない赤外線・紫外線があります。
その中で人体に悪影響なのが紫外線であり、紫外線にはUVA、UVB、UVCの3つの波長があります。
このうち、UVCはオゾン層などで吸収されてしまうので、実際に地表までおりてきているのがUVAとUVBになります。

image_02

UVAは、肌に急激な障害を与える作用は少ないのですが、物質を透過しやすく雲などの影響も受けづらく、地表に届きやすい紫外線になります。
太陽から届く紫外線の大半を占めており、肌に蓄積的なダメージを与えます。
肌の真皮層まで浸透しやすくコラーゲンやエラスチンなどの肌に大切な組織を破壊し 肌のハリや弾力性を失わせて光老化を引き起こす原因になります。
またすでに出来ているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くする作用があります。
UVBは太陽から届く紫外線の中での割合は少ないのですが、肌に急激な障害を与える作用が強く 短時間でも浴びてしまうと肌ダメージを起こす可能性が高いです。
肌が赤くなるサンバーンや、数日後に肌を黒くするサンタンを引き起こす作用があります。
波長が短いUVBは炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、肌への影響が強いのです。
紫外線による色素沈着 紫外線の肌への浸透により、メラノサイト(メラニン産生細胞)へメラニン色素生成の指令が発生されます。 メラニン色素は皮膚のまわりへ広がり紫外線を吸収して肌を守ります。
しかし強い紫外線を浴びたり、老化などによりメラノサイトが異常を起こし メラニン色素が過剰に生成されシミやソバカスの原因となります。

紫外線対策

紫外線に対する対応策としては、UVケア(日焼け止め)をするのが一般的に効果的です。
また日焼け止めだけでなく、外出の際は日除け傘も効果的です。
日除けの為の日傘は、見た目では無く効果で選んで頂けるとさらに良いです。
見た目が涼しく可愛らしいという理由で白い日傘を使われる方もいらっしゃいますが、
白は紫外線を乱反射させてしまうので、紫外線を吸収する黒い日傘をお勧めします。
効果的な日焼け止めの塗り方はコチラのコラムをご確認して下さい。

日焼けをしてしまったお肌への対処法

うっかり日焼けと言われる、日焼け対策としては まずは焼けてしまったお肌の冷却と鎮静が必要です。
日焼けは火傷の一種なので、焼けたお肌は炎症を起こしている事が多いです。
焦ってピーリングなどをしてしまうと、かえって逆効果になり、傷が原因の色素沈着をしてしまう恐れがあります。
よく冷却・鎮静をして、炎症が治まったら美白スキンケア等が効果的です。
美白化粧品はメラニン生成を抑止する効果のある成分が含まれている事が多いです。
ただし、美白化粧品が全て有効という訳ではなく、事前にどこまでの効果があるのかをお調べ頂くことをお勧めします。
メラニン色素の生成を抑止するだけでは、抜本的なシミ対策にはなりませんので、トータル的なケアが必要となります。
傷ついてしまったコラーゲンやエラスチンなどの細胞を修復しないと、くすみやシワの原因となります。

日焼け肌や日焼けシミに対するトータルケアとして

まずは日焼けしないことが一番なのは先に記述した通りですが
昨日今日スキンケアを始めたばかりでは昔から蓄積されたダメージや加齢に伴うホルモンバランスの変化
お肌の衰退によるターンオーバーの狂いなどの影響で、完全なるシミ対策にはなりません。
化粧品などによる外側からのスキンケアも大切ですが
体質改善や、肌本来の回復力を復帰させる事が重要になります。

日焼け止め以外の紫外線対策

日焼け止め以外にも大切な紫外線対策があります。
①サングラスを着用する
お肌ケアで見落としがちなのが、目の角膜です。
肌ケアをしっかりしていても、角膜が日焼けすることで、脳からメラニン色素を作るようにメラノサイトへ指令が出てしまいます。
ただしサングラスの選び方も重要になります。
色があまりに濃いサングラスを着用すると、かえって瞳孔が開いてしまい逆効果です。薄めの色を選ぶ方が良いです。
またUVカットのレンズを選んで頂くことをお勧めします。
このUVカットレンズについても、表面にコーティングがされている場合があり、年月と共に効果が薄くなる商品もあるので、着用されるサングラスメーカーに確認することをお勧めします。
②柑橘系のジュースなどを控える
レモンやグレープフルーツなどに含まれる「ソラレン」という成分が紫外線の感受性を高める性質があると言われています。
ただ、ビタミン自体はお肌に良く沢山摂取したいので、紫外線が多く照射されている日中の摂取を避け、夜などに摂取するようにして下さい。
③生理前のケアを入念に行う
排卵後から生理までは黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなります。
黄体ホルモンも紫外線感受性を高める性質があるので、入念な紫外線ケアが必要です。

紫外線対策に良い食物

①オメガ3脂肪酸を含む魚
貝類や脂肪分の多い魚に含まれるオメガ−3脂肪酸にはシワや日焼けの原因となる「フリーラジカルダメージ」から肌を守る作用があります。
②赤・オレンジ色のフルーツや野菜
トマトやニンジンに含まれる「リコペン」「ベータカロチン」は日焼けに効果があり、
また「フラボノイド」は肌の紫外線に対する耐性を強める効果があります。
③ダークチョコ
ダークチョコにもフラボノイドが含まれており紫外線耐性が高まります。
ただし、糖分や脂肪分なども多いので、ダイエット中などは食べ過ぎにご注意を
④アブラナ科野菜
ブロッコリーやカリフラワーなどのアブラナ科の野菜には抗酸化物質が含まれており肌の耐性を高めてくれます。
また皮膚ガン予防にも効果がある「スルファラフォン」が含まれているので総合的な紫外線対策になります。
⑤緑黄色野菜
パセリ・バジルなどには抗酸化物質が含まれており、ホウレン草などはポリフェノールが多く含まれており日焼けした肌の修復する効果が見込まれます。

根本的な肌の回復力を高める

その他、日焼け(紫外線対策)としては充分な睡眠をとり免疫力を高める事も有効です。
ただでさえ睡眠不足になりがちな現代人は、わかっていても充分な睡眠をとることが困難です。
そこで、免疫力やお肌の老化を正すスキンケアやサプリメントに プラセンタ光フェイシャルがあります。
プラセンタは完全栄養と言われ、崩れたホルモンバランスを正す効果が高いです。
また、光フェイシャルは現代の最新のスキンケアと言われ老化し崩れたターンオーバーを適正化させる効果が見込まれます。
ゴールデンウィークから9月に掛けては紫外線が大変強まる季節です。
面倒だからいいや、後々やれば良いという甘い気持ちで、後悔する方がとても多いです。
将来、大きな後悔をしないためにも、今からできる紫外線対策をシッカリ施して下さい!
【フォトニックフェイシャル(光フェイシャル)について】