おすすめ投稿

※WEB予約システムメンテナンスのお知らせ※

予約システムメンテナンスのお知らせ


いつもホームページをご覧下さり誠にありがとうございます。

現在、ホームページの予約システムがメンテナンス中につき、WEB予約システムがご利用頂けません。ご迷惑をお掛け致しますが、新規のご予約、メニューについてのお問合せは直接サロンにお電話を頂くか、メールでのお問合せ、ホームページのご予約フォームにてご連絡をお願い致します。


『ご予約フォームはコチラ』


引き続き、クーポンサイトをご利用のお客様、既にご契約中のサービスのご予約はお電話またはメール、LINEにてお願い致します。

その他新規のご予約については、ホットペッパービューティー、楽天ビューティー、minimoなどで受付けております。※1


※1・・・これらのシムテムは全てクーポンサイト(Grouponなど)をご利用のお客様、既存のお客様のご契約中のサービスのご予約にはご利用頂けません。もしそれらをご利用のお客様がご利用になられた場合、予約の取消しをさせて頂きますので、予めご了承願います。


【ホットペッパービューティー】

※リクルートポイントをご利用の場合はこちらがお得です!

『恵比寿・代官山本店』


『銀座店』


【楽天ビューティー】

※楽天ポイントをご利用の場合はこちらがお得です!

『恵比寿・代官山本店』


『銀座店』


【minimo】

『恵比寿・代官山本店』


『銀座店』


サロンへのお問合せはコチラ

恵比寿・代官山本店:03-5489-7118


銀座店:03-6264-4343


メール:info@patolaqshe.com


ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解ご協力をお願い致します。


関連記事一覧

悪天候による早期閉店のお知らせ

日頃より当サロンをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

本日3月29日(日)ですが、悪天候のため公共交通機関などに大きな影響が出る可能性があることから、誠に勝手ながら各店以下のお時間で早期閉店をさせて頂きます。

 

本店:18時にて閉店

銀座店:14時にて閉店

 

また、明日3/30(月)は両店共に店休日を頂いております。

火曜日より、通常通り営業を致します。

 

皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。

なお、LINEやメ−ルでのお問合せをしておりますので、お問合せはLINE、メ−ルにてお願いを致します。

 

皆様のご理解とご協力をお願い致します。


関連記事一覧

新型コロナウイルスの感染予防対策について

日頃より当サロンをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

指定感染症として新型コロナウイルスが指定されたことを受け、お客様および当サロンスタッフの健康と安全を守るために、以下の通り感染拡大の防止に努めております。

 

・当サロンスタッフはマスクを着用して施術をさせていただきます。また、ご案内やカウンセリングの際もマスクを着用させて頂く場合がございます。

 

・サロン入口において、消毒液を設置させて頂いておりますのでご利用ください。

 

・消毒液による施術機器、共用部の清掃強化を行っております。

 

・人体に害の無い消毒液(次亜塩素酸系)を空中散布しており、空気の清浄、除菌を行っております。

 

何卒、皆様のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


関連記事一覧

3月・4月の営業スケジュ−ルについて

平素よりパトラクシェをご愛顧下さり、誠にありがとうございます。

令和元年3月・4月のパトラクシェ本店、銀座店の営業スケジュ−ルになります。

尚、予告無く変更させて頂くこともございますので、予めご了承をお願い致します。

 

 

【代官山本店】

 

3月本店

 

4月本店

 

【銀座店】

 

3月銀座

 

2020営業カレンダ−


関連記事一覧

2020年1月/2月の営業スケジュ−ル

平素よりパトラクシェをご愛顧下さり、誠にありがとうございます。

2020年1月ならびに2月の本店、銀座店の営業スケジュ−ルをお知らせ致します。

尚、急遽変更させて頂くこともございますので、予めご了承をお願い致します。

 

【恵比寿・代官山本店】

1月本店

 

2月本店

 

【銀座店】

1月銀座

 

2月銀座

 

ご不明な点はサロンまでお問合せをお願い致します。


関連記事一覧

10月からの消費税について

平素よりパトラクシェをご愛顧くださり、まことにありがとうございます。

ご周知のとおり、令和元年10月1日より消費税率の変更、東京都の最低雇用賃金が変更いたします。

 

パトラクシェにおいても、経営環境の変化にともない

10月1日より一部メニュ−を除く、当サロンでご提供させて頂くサ−ビス・店販品等を別税とさせていただき

消費税10%を頂戴することとなりました。

 

ホ−ムペ−ジなどでご紹介しているメニュ−は旧消費税率などで記載をされております。

順次、更新をしていく予定ではございます。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、詳細の料金などについては店頭にてご確認をお願い致します。


関連記事一覧

パトラクシェ銀座店営業スケジュ−ル

平素より、パトラクシェ銀座店をご愛顧くださり、まことにありがとうございます。

2019年年内のパトラクシェ銀座店の営業スケジュ−ルとなります。

10月中旬より営業時間は平日12時〜20時 土日祝11時〜19時と変更させていただきます。

10銀座

 

11月銀座

 

12月銀座

 

今後とも、パトラクシェ銀座店を宜しくお願いいたします。


関連記事一覧

6月臨時定休日

平素より、格別のご愛顧を頂き、誠にありがとうございます。

パトラクシェ代官山本店の臨時定休日をお知らせ致します。


6/24(月)


25日より通常通り営業を致しますのでご了承願います。

今後ともパトラクシェ代官山本をよろしくお願い致します。


関連記事一覧

UVケアは一年中必要か!?

紫外線は一年中降り注いでいる

寒い冬を越え、暖かい日が増える春。テレビでも紫外線対策のUV製品のCMが増えてきて、今までそこまで意識していなかった人も意識し始める人も増えるのでは無いでしょうか?でも、大きな間違いなんです。

紫外線ケアは一年中必要かつ外出する場合は朝〜晩まで必要なのをご存知でしたか?

スクリーンショット 2019 03 15 13 31 27

出典:日本ロレアル

図を見ていただいて分かる通り、紫外線は一年中降り注いでいます。確かに月ごとでその量に違いはありますが、少ないと思われがちな冬の季節でも充分にお肌には危険な量が降り注いでいます。

紫外線は3月頃から急激に増え、11月頃に少しだけ落ち着きを見せますが決して安心せず一年中ケアをしましょう。

紫外線って??

一言に紫外線といっても

◦UVA波・・・紫外線の総量が90%近くユックリと肌の奥深くまでダメ−ジを与える

◦UVB波・・・いち早く地表に届き、表面上にダメ−ジを与えUVAより害がある

◦UVC波・・・紫外線の中で一番有害な光線だが、ほぼ地表には届かない

の3つの紫外線があります。これらの紫外線はそれぞれ特徴があり、全てがお肌には危険な光線です。

ただ、UVC波については、オゾン層でほぼ全てを吸収されてしまうので、地上にはほとんど届かないです。ただしこのUVC波が一番危険な紫外線と呼ばれており、オゾンホ−ル(オゾン層が破壊されている)があるところは充分に注意が必要です。

お肌をケアする上で知っておきたいのが、このUVAとUVBの違いです。

POM POM 4

また、季節によって量の違いが出て、UVAは特に初夏に多い(5月〜6月)と言われています。UVAは天候に左右されないのが特徴で、曇りや雨でも地表まで降り注ぐのが特徴です。

Img 2266

UVAは量も多く、肌表面を突き抜け肌の奥までダメ−ジを浸透させます。それは肌の真皮層まで届くと言われ、肌のコラ−ゲンを破壊すると言われています。つまりシワやタルミの原因となります。(肌老化)

Img 2265

出典:ロ−ト製薬

UVBは真皮層までは届かないですが、肌表面を黒くさせる(日焼け)特徴があり、シミやクスミの原因となります。毒性はUVA波よりも強いので、安心していると皮膚ガンなどの原因にも繋がってきます。

曇りや雨は大丈夫?

紫外線は太陽光線に含まれているので、晴れていればそれだけ強く降り注がれます。曇りや雨で暗いからといって紫外線がシャットアウトされることはありません。(UVAは天候に左右されにくい性質があります。)

Img study05

出典:ロ−ト製薬

一日の中での紫外線量

15 0520 02 thumb 700x432 2936

15 0520 01 thumb 700x432 2934

参考:環境省 紫外線環境保健マニュアル

 

図のように、時間帯によって古注がれる紫外線量に違いはありますが、夜でもまったくのゼロという訳ではありません。また、朝だからといって油断せず通勤時間帯もシッカリとUV対策を施しましょう。特に日中は紫外線も強く暑い季節になると汗で日焼け止めが流れてしまう場合(ウォ−タ−プル−フ以外)がありますので、こまめに日焼け止めの塗り直しなどをしましょう。お化粧をしている場合は、スプレ−式の紫外線止めもありますので有効に使いましょう。

日焼け止めのSPFとPAの違いは?

日焼け止めのパッケ−ジなどに記載されているSPF50+ PA++などの意味はご存知ですか?

|UVB対策に効果的な「SPF」

SPFは短時間で肌に赤味や炎症を起こさせ黒化につながりやすくなるUVB波を防ぐ効果指数をいいます。1〜50+までの数値は何も塗らない場合に比べどれくらいの時間防止できるかの違いになり、数字が大きければ大きいほど長時間効果が持続します。

|UVA対策は「PA」

PAとは一時期的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾性を失わせるUVA波を防ぐ効果の目安となります。4段階の「+」マ−クで表示され、数が多いほどUVA防御効果が高くなります。

 

ではSPF30+というのは30分の効果時間という訳ではありません。よく勘違いをされ30分置きに塗り直しをされる方もいると思いますが、粘りの強い日焼け止めを強くこするように塗り直すと逆に肌にストレスをかけてしまい、別の悪い影響を与えてしまう可能性があります。またこれらの数値が大きければ大きい程良いというわけでもありません。お肌状態や屋外にいる時間によって適性に使い分けるのが良いと言われています。

特にSPF数値を高いものを好む人が多いですが、それらの数字は何を表しているかというと

UVB波の影響は紫外線を浴びてから20分後に現れると言われ、それを基準としています。

SPF30=20(分)×30=600(分)です。

つまりSPF30で約10時間はUVB波の影響を防止する効果があると言われています。

逆に数値が多ければ多いほど、肌への負担が増えるので、出掛ける時間やロケ−ションによって使い分けましょう。

ショッピングなど室内での行動が多く、移動が車などの場合はPA++で充分でしょう。

外にいる時間が2時間程度であれば、SPF10〜20、オ−ルマイティがSPF30 PA++が良いと思います。

肌トラブルは時間差

紫外線ダメ−ジや様々な肌ダメ−ジはすぐに表には出てこないことが多く、平均6ヶ月後に表面化すると言われています。つまり今表に現れている肌トラブルは過去のUVケアの結果とも言えます。また加齢も当然肌トラブルに大きな影響を現しますが、逆に40代50代以上でも美肌の方もいらっしゃいます。日々の積み重ねが将来の自分の姿を現しますので若いからといって油断しないようにしましょう!


関連記事一覧

春は敏感肌の季節

敏感肌は春に増える!?

Shutterstock 360080321 835x437

普段はトラブルがないのに、春先だけ「敏感肌」になってしまうという人は少なくありません。また、春先はいつもより軽い刺激で赤くなったり、カユミが増したりトラブルが増加する季節です。では、なで期間限定で肌状態が揺らいでしまうのでしょうか?

「ゆらぎ肌」と呼ばれ、一時期的に肌状態が不安定になることを言います。

ゆらぎ肌の原因は・・・

①気温差と空気の乾燥

春のゆらぎ肌の原因の一つとして、気温差と空気の乾燥が原因とされます。

春の天候は日々様変わりします。汗ばむくらいの高温晴天かと思えば、夜から翌日にかけて防寒着が必要になるくらい寒くなることも多いです。日々、気温のアップダウンが多くさらには朝〜昼〜夜にかけての寒暖差も大きく体調を崩しやすい季節でもあります。また、空気も乾燥しており肌表面の水分も蒸発しやすい状態となります。汗をかくことで肌表面が湿っていることから保湿を怠る方も急増し、肌内面はカラカラに乾燥してしまい多くのトラブルの原因となってしまいます。

②紫外線の急増

3月ころから急激に紫外線が多くなります。また、紫外線A波は一年の中でも春が一番多いと言われています。冬の生活で馴染んでしまっているところに、急激な紫外線の照射は対策が間に合っていない方も多く、肌ダメ−ジが急激に増える時期でもあります。

③環境変化によるストレス

春は新しい生活環境になることが多いです。学生は新しいクラスへの編制、卒入学、お仕事をされている方は部署の配置替えや転勤など、生活環境が急激に変化をすることが多いです。また寒暖差の振り幅も大きなストレスの原因となります。このようなストレス増加によりホルモンバランスや自律神経が乱されることも「ゆらぎ肌」の大きな原因となります。

④刺激物の飛来

春の代名詞とも呼ばれる「花粉」の飛散です。この花粉は目や鼻だけでなくお肌に付着することで肌ストレスが多くなります。肌のアレルギ−反応も出てカユミを伴うことも多いです。気温も上昇することで埃も舞い上がり、肌に付着することで肌ストレスが増加してしまい、肌のバリア機能はどんどん低下してしまいます。

春のゆらぎ肌対策は!?

春のゆらぎ肌対策は・・・

①肌の保湿ケア

②いつもより清潔さを保つ

③紫外線対策

④いつもより睡眠をシッカリとり食事バランスを意識する

です。

なにより①が重要で、肌が保湿されていない状態ですと、本来備わっているバリア機能がどんどん低下してしまいます。バリア機能が低下することで、先に挙げた様々な外敵刺激で肌トラブルを引き起こしてしまいます。またこのバリア機能が低下すると、肌の新陳代謝の周期が崩れてしまい、充分なバリア機能を持たない未熟な細胞の肌が表面化し、肌はどんどん弱くなってしまうという悪循環を招いてしまいます。日々の保湿ケアで肌のバリア機能を高める必要があります。

②は肌に付着した外敵刺激物をできるだけ付着させないことです。実は洋服や髪の毛についている花粉なども大きな原因となります。家に入る前にコ−トをハタく、髪の毛をとかすなどして花粉や埃をできるだけ落としましょう。

お顔の紫外線対策は当然のことながら、身体もいつでもアウタ−を脱げるように普段服に隠れている部分もシッカリ対策しましょう。

生活環境が変わった方(引っ越し、新しい環境など)は特に意識してシッカリと睡眠をとり、偏った食事を避けバランスの良い食生活を心掛けましょう。水分も充分に摂取することも重要です。女性ならば一日1.5ℓの「水」を摂取するように心掛けて下さい。

 


関連記事一覧