脱毛が初めてのお客様の為に、脱毛に関するあらゆる情報をご提供いたします。

デリケートゾーンは処理すべきか?

夏が近づくと、水着になったり洋服が薄手になったり蒸れたり 女性に限らずデリケートゾーンの問題が気になる季節ですよね。
女性もアンダーヘアは、髪の毛に比べて太く硬く縮れているのが一般的です。
お身体の大切な部分を守る為に仕方の無い事だと思います。 太く・硬く・縮れているとそれだけクッション性が増しますので。
それは、まだ人間が下着などを付ける習慣の無い、動物から進化したてのころからの名残りです。
下着や洋服で大切な部分を保護できる、何かあっても治療できる現代には不要なモノかもしれません。

欧米諸国では・・・

日本のように、毎日毎日シャワーやお風呂に入る習慣の無い先進国(欧米諸国)では 衛生面の部分からアンダーヘアを残さない習慣があります。
欧米諸国では、アンダーヘアを残す事で『不潔』と感じるそうです。
全世界を見て、先進国で『アンダーヘアを残さなきゃ変』という習慣があるのは アジアだけだと思います。

アンダーヘアを処理するメリット・デメリット

《処理するメリット》

・衛生面

アンダーヘアを残すことで、デリケートゾーンが蒸れたり、毛に雑菌がついて それが元で「不快な臭い」や「病気」の原因になると言われています。

特に生理中などは、デリケートゾーンのトラブルが発生しやすいので無い方が良いです。

また高温多湿の日本では、乾燥した海外と比べ「蒸れ」によるトラブルは多発します。

デリケートゾーンの臭いは、自分ではなかなか気付かない事ですが無いに越した事はありません。

・処理の手間

水着を着たり、Tバックなどの下着を付ける時にVラインやIラインをカミソリで処理する人も多いと思います。

ただ、カミソリによるセルフ処理は、お肌を傷付けてしまい、処理部分が乾燥し黒ずんだりする『色素沈着』 の恐れがあります。

折角、キレイになるための処理をしているのに、デリケートゾーンの肌が黒ずんでいたら悲しいですよね。

セルフ処理は面倒臭がらず、丁寧に処理することをお勧めします。

・水着などを着用している見た目の問題

アンダーヘアは『硬く・太く・縮れている』毛が一般です。 折角可愛い水着などを着ても、アンダーヘア部分がゴワゴワと膨れてしまう可能性があります。

また処理がちゃんとされていないと毛が食み出てしまったりする可能性もあります。

《処理するデメリット》

・日本人的感覚の問題 アジア先進国ではアンダーヘアを無くす習慣が馴染んでいません。

温泉や婦人科などでアンダーヘアが全く無いと他人の目を気にして後悔する方もいらっしゃるようです。

では、どうするのがお勧め?

衛生面や処理の手間、お肌のケアを考え、人の目を含めると 『大幅な減毛をするための脱毛』が良いと思います。

美容ライト脱毛をしている過程で、毛の密集具合が少なくなったり毛が細くなったりします。

人目に気になる「Vライン」などは減毛をし、衛生面で必要な「Iライン・Oライン」は完全不再生にするのが良いです。

美容ライト脱毛で完全不再生にする為には、12〜18回程度の施術が必要になります。

 

(脱毛回数について詳しくはコチラをご覧下さい。⇒『体毛の量と脱毛に掛かる時間』

 

脱毛をしている過程で、毛は柔らかく細くなります。

Vラインの気になるボリューム感もかなり軽減できると思います。

脱毛初期は全てのアンダーヘアを一度無くしてしまい、美容ライト脱毛をして行き 数回の施術タイミングで、Vラインを形を整えながら残していくのが理想です。

(施術が必要な回数については、個人差がございますのでスタッフにご相談下さい)

健康で衛生的、肌の色素沈着の心配も人の目も気にならない

全ての脱毛に言える事ですが脱毛をされるご自身がどのようにされたいかによって脱毛施術回数等が変わってきます。

また、脱毛サロンによりけりですがキチンとご自分の目標であったり ご要望にお応えできる ベテランで丁寧なスタッフの居る脱毛サロンに通われる事がなにより大切です!

脱毛は長く時間の掛かる作業です。

なぜかというと人体の構造上、1回の施術で施術箇所のだいたい10%くらいの毛にしか効果が出ません。

長く何回も通わなければならない脱毛サロンは、脱毛施術はもちろんの事 サロンの居心地や雰囲気、スタッフの話やすさ・丁寧さなども重要かと思います。

ご自分のライフスタイルやお好みにあったサロン探しが何より一番最初にクリアすべき問題かもしれません。

 

脱毛について様々な質問等、詳しくご覧になりたい方はコチラをご覧下さい⇒『よくあるご質問』


関連記事一覧