パトラクシェのエステティシャンが、若さや美肌を保つために必要な情報をご提供いたします。

ビキニラインの黒ずみ(色素沈着)

Hot selling women swimwear fashion brand bikini victoria swimwear bathing suits bikini brazilian Fotor

デリケートゾーンの悩みの一つとしてビキニライン(特にVラインとIライン)の黒ずみが挙げられます。
これはなかなか人に相談しにくい部分の問題ですよね・・・
いよいよ夏本番間近で海やプールで可愛い水着を着たいのに、足の付け根の皮膚が黒ずんでいて、とても気になる。
なんて経験をされた方も少なくないでしょう。
では、なぜビキニラインの肌に黒ずみ(色素沈着)が出来てしまうのか見て行きましょう。

ビキニラインの黒ずみ(色素沈着)の原因・・・

ビキニラインに黒ずみができてしまう要因としては主に次の3つが挙げられます。

 

①下着や洋服、自転車のサドルなどによる摩擦

肌は摩擦などで刺激を受けると防護反応としてメラニンを生成したり、角質を厚くするようにします。
ビキニラインは下着のゴム部分が常に触れていたり、タイトなパンツなどを履いていると動くたびに擦れて
摩擦による刺激を受けやすいです。摩擦による色素沈着は「摩擦黒皮症」と呼ばれシミが深い部分にでき
色素が定着しているので改善に時間がかかってしまいます。
また角質層が厚くなる現象を「過角化」と呼び、過角化が起こるとお肌がくすんだり、黒ずんでしまいます。
着用する下着は肌触りのよい天然素材のものを選ぶようにすると良いです。
化繊のポリエステル製などは可愛いデザインが多いですが、その分ザラザラしていたり、化繊に弱い方は直ぐに
炎症を起こしてしまったりします。
特に、ランニングや自転車に乗る時など、頻繁に脚を動かす動作をする時は
ビキニラインが摩擦による刺激を受けにくい服装を選ぶようにしてください。

 

②かぶれ、炎症による刺激

肌に炎症がおこると、炎症部位に色素沈着を起こす可能性があります。
ニキビ跡や傷跡の色素沈着は、その炎症による色素沈着の代表です。

ビキニラインの場合は「汗」や「おりもの」、「ボディソープ」、「生理用ナプキン」、「ムダ毛の処理」、「吹き出物」
などによって、かぶれや炎症が発生することがあります。

かぶれによって痒みが伴うと、ついつい掻いてしまいがちです。
炎症を起こしている肌を掻くと刺激によって色素沈着が起こす原因となります。
薬などを上手に使ってかゆみを鎮めましょう。

 

③ムダ毛のセルフ処理による刺激や炎症

アンダーヘアをカミソリで剃ると、肌がカミソリによって刺激され、過角化や色素沈着が起こることがあります。
特に毛抜きやワックスで毛を引き抜く処理をすると、傷ついた毛穴に雑菌が入り「毛嚢炎(もうのうえん)」が起きる可能性があります。
キレイになる為のムダ毛処理が肌を傷つけ、余計に目立つ色素沈着を起こす原因なんて考えるとガッカリしてしまいますね。

黒ずんでしまったら?

ドラッグストアで売っているような塗り薬等の使用はお勧めできません。
程度にもよりますが、美容皮膚科などでの治療が一番良いかと思います。
ただ美容皮膚科では場合によっては自由医療となってしまい保険証が効かない場合があります。
その際の治療費はとても高いので、黒ずみを発生させないように事前にケアするのが良いと思います。

脱毛サロンなどで行っているスキンケアとして、『光フェイシャル』というトリートメントがあります。
これは、肌のコラーゲン層に働き掛けるスキンケアなので、肌のターンオーバーが適正化されたり
肌の保湿状態が正されたりします。黒ずみの原因を考えると、これらの処置でも薄くなる可能性は高いです。

また美容ライト脱毛においても同等の波長の光を照射することから、肌のコラーゲン層への働きかけはあります。

美容ライト脱毛で、『美肌脱毛』と呼ばれる理由がこの脱毛器から出る光の影響なんです。

色素沈着してしまったデリケートゾーンのケアをしながらムダ毛を脱毛できる一石二鳥の効果が見込めます!

色素沈着をしてしまう理由に間違った自己処理というのが挙げられるので、リスクを冒さずムダ毛処理をしながら
肌をキレイにした方が良いのかもしれません!!

パトラクシェでは、お得なVIOコース脱毛をご用意しております!
どうせ気になるならムダ毛も黒ずみもケアしませんか?


関連記事一覧