脱毛が初めてのお客様の為に、脱毛に関するあらゆる情報をご提供いたします。

ブラジリアンワックスのリスク『埋没毛』

夏に海やプールに行くのでデリケートゾーンのムダ毛を今すぐどうにかしたい!
という方がこの時期に駆け込むのが『ブラジリアンワックス』ですね。

ただ、専門サロンだからといって、ワックス処理のリスクをちゃんと理解してから行かないと後々後悔してしまう恐れがあります。

ブラジリアンワックスのリスク

それは、毛抜きを使ったムダ毛処理と同じです。
『埋没毛』になる恐れがあります。
埋没毛は、毛を無理矢理抜くことにより、毛穴の中と皮膚の部分が傷ついてしまう事が原因で発生します。
たしかにブラジリアンワックスは短時間でデリケートゾーンのムダ毛を一掃でき、トリートメントから暫くの間無毛状態にできます!
今すぐ処理をしたいという人にとっては、とても良い除毛方法です。

ただ、一度キレイになったからといって毛が生えて来なくなる事はありません。
お肌に優しいワックスを付けて「毛を抜いているだけ」なので、発毛細胞はシッカリ残っているので新しい毛が生えてきます。
中には施術で発毛細胞にも少しづつダメージを与えるので、いずれ生えなくなる・・・と宣伝するワックスサロンもあるみたいです。

一瞬聞くと、安くてすぐにキレイになって、しかも生えなくなると飛びつきたくなるかもしれませんが
発毛細胞にダメージを与えるという事は、毛穴のダメージはもっと凄いと容易に想像できませんか?

『毛穴ダメージ=埋没毛予備軍』です。


O0500035511938030814

写真は一般的な埋没毛の毛穴です。見覚えのある方も多いと思います。とても悲しい状態ですよね。


しかもVラインなどのデリケートゾーンの埋没毛は、皮膚科によっては治療をしてくれない医院もあるそうです。
基本的に埋没毛で健康を害する事は無いので、『自由医療』となってしまいます。つまり保険適用外です。
つまり治療費がとても高くつくということなんです。
キレイになりたくて、ワックスサロンに行ったのに、数週間後に埋没毛だらけ・・なんて人も少なくありません。

しかも安いからブラジリアンワックスを選んだ人は治療費で何万も掛かり、長期間治療しなければならないなんて元も子もありませんよね。

安易に値段と時間で選ぶと、かえって高くつく『安物買いの銭失い』になる恐れがあります。

埋没毛の恐怖

埋没毛を自己で処理しようとカッターや針でほじくると、毛穴に雑菌が入ってしまったり傷跡が残ったりします。
埋没毛のセルフ処理は絶対にやめましょう!

埋没毛について詳しくはコチラをご覧下さい⇒『埋没毛の原因と対処法』

ではワックスサロンは絶対に行かない方が良いの?

そんな事はありません。
たしかにどんなに腕が優れた脱毛士さんでも、100%埋没毛を発生させない保証はありません。

ただ、肌や毛穴が傷付かないように患部をシッカリ温めて毛穴を開いた状態にしたり
毛の状態に合わせて、ワックスの強度を使い分けられるベテランのいるワックスサロンにしましょう!

どうすれば一番良いの

それは、急場のワックス処理ではなく計画的に時間を掛けて美容ライト脱毛(光脱毛やレーザー脱毛)をされるのをお勧めします。
埋没毛は傷ついた毛穴や表皮が治癒の為に薄い膜を張ったり、毛穴を縮める事が原因で発生します。
美容ライト脱毛も、毛を熱する為、毛穴の炎症(毛嚢炎)になるリスクはありますが、そこにはまだ毛が残っている為
シッカリ炎症を抑えれば、自然に抜け落ちた後の毛穴に埋没毛が発生するリスクはワックスに比べて極限に低くなります。

ただ、脱毛後の肌ケアを怠ったりすると、美容ライト脱毛でも埋没毛になる可能性はありますので、サロンでお聞きになる
脱毛後の肌のアフターケアはシッカリやりましょう!


美容ライト脱毛(光脱毛・レーザー脱毛)は、施術をした後にすぐに毛は無くなりませんが、発毛細胞にダメージをシッカリ残すのでいずれ毛が生えて来なくなります。

簡単に言うと・・・

<光脱毛・レーザー脱毛のメリット・デメリット>

メリット⇒埋没毛のリスクが低く、ムダ毛が不再生になる
デメリット⇒ワックスに比べ、見た目がキレイになるまで時間(施術回数)が必要でコストが高くデザイン脱毛できないサロンが多い

<ワックスのメリット・デメリット>

メリット⇒1回で見た目はキレイになり、数日〜数週間は無毛肌を維持でき、美容ライト脱毛より安価。しかもデザイン処理ができる
デメリット⇒不再生脱毛では無いので、またムダ毛は生えてくる。また『埋没毛』のリスクが高い

用途によって使い分け

ワックスサロンに通っている間は、脱毛サロンには通えません。
正確にいうとワックスをした後は毛が無い状態なので、美容ライト脱毛施術をしても効果がまったく出ません。
美容ライト脱毛(光脱毛・レーザー脱毛)は、効果を出す為にムダ毛が残っている状態でないといけません。

上手なデリケートゾーンの脱毛をされる方は、美容ライト脱毛で毛量を減らしたり(減毛)毛質を柔らかくして
納得できる毛量と毛質になってからワックスで形を定期的に整えている人が多いです。

『埋没毛』は、太く固い毛の方が余計になりやすいので、毛を少しでも細く柔らかくしておくとワックスによる埋没毛リスクが減ります。

夏時期で、どうしても今すぐとうにかしたいと言う方は、ブラジリアンワックスも良いかもしれません。
ただ、『日本ワックス脱毛協会』などの認定をシッカリ受けた腕の良いワックスサロンに行かれる事をお勧めします。

 

VIO脱毛をするなら、今だけお得なプランをご用意しております!

【ご新規様限定VIO1年6回コース¥20,000-(税込)】

Menu btn off


関連記事一覧