さて、栄養補助食品としての飲料の豆乳は皆さんご存知だと思います。
近年、この豆乳からできた化粧水を肌に塗布することによって「体毛が薄くなった」という話題をよく耳にしますね。
それはどういうことなのでしょうか。

何故、豆乳?

豆乳は大豆から作られています。
大豆にはイソフラボンという植物ポリフェノールが含まれていることで
当初その抗酸化作用に注目されブームとなった時期があります。
その後イソフラボンの働きが女性ホルモンのエストロゲン様であることが一般的に浸透し
更年期障害に良い、生理不順に良い、等の理由で豆乳を飲むのを習慣にし始めた女性も多い様です。

あなたの体にもエストロゲン

エストロゲンという女性ホルモンの働きを一番顕著に感じることができるのは思春期の女性の身体の変化です。
直線的な身体のラインから段々と丸みのある柔らかな女性らしい身体になっていきます。
そのため、ニューハーフの方々が男性的なゴツゴツとした身体のラインを女性らしくするために
専門の医師の処方で投与することもあるようです。

エストロゲンは女性の味方です。

ですがこのエストロゲン、微量ながら男性の身体にもあるのです。
通常ヒトの身体に於いてエストロゲンは肝臓で分解されるのですが肝臓疾患を患った男性がエストロゲンを分解できずに
体内に少しずつ溜まっていき胸が膨らんできたり体毛が薄くなったりしたことから、エストロゲンは体毛を薄くする
従ってエストロゲン様の働きをするイソフラボンにも同じ効果を期待できる!というのが大方の見解なのです。

上手なおつきあいを

豆乳が入っていれば良い・・・という訳ではなく、直接肌に塗布するものですから清潔であることが何より大切です。
豆乳や精製水自体、コンビニやドラッグストアで簡単に手に入ることもあって手作りする方もいらっしゃるようですが
豆乳は植物性タンパク質です。非常に傷み易いことも考慮の上、専門家の監修のもと作るか、それが無理ならば市販のものを使うことをお勧めします。

誰にでも劇的な効果が出るものではなく、かかる時間も、効果にも個人差があることを理解した上で、上手に利用しましょう。

【トップに戻る】