自宅で手軽にできるむだ毛処理として除毛クリームがあります。 除毛クリームはドラッグストアで安価で買える上使い方が簡単なので、 どんな仕組みなのかもわからないまま安易に使用してしまいがちです。

除毛クリームの仕組みとデメリット

体毛というのはタンパク質からできていますから、アルカリ性成分でそのタンパク質ごと溶かしてしまうのが除毛クリームの仕組みです。 勿論日本は薬品管理に厳しいので、危険な濃度ではないのですが、「薬品で溶かす」ものである以上、パッチテストは必須です。 上腕裏側の柔らかい部分に少し塗布してパッケージ表記にある一定時間を置いてから反応をみましょう。 赤み、痒み、痛み、痛みまで顕著に感じなくてもチクチク感、ピリピリ感を感じた方は残念ながら除毛クリームは使用できません。 一般的にはカミソリでむだ毛を処理するよりも肌への負担は少ないとされていますが、基礎化粧品でさえかぶれてしまう敏感肌の方が増えているようなので、 「異物」であるということなのでしょう。

肌荒れになってしまう前に・・・

カミソリも「カミソリ負け」という言葉で知られるように肌の表面を削り取ってしまうことで肌荒れが起こります。 肌が弱かったり、敏感だったりする方にはカミソリもお勧めできません。 これらの方法で肌荒れしてしまい皮膚科に通院をする事態になってしまった場合、その通院にかかる時間やお金を考えると、 むだ毛処理はプロに任せるべきです。何故かというとプロは、そのむだ毛処理のリスクを説明してくれること、 そして最大限のリスク回避をしてくれること。そしてなによりアフターケアの充実がありますから安心です。

除毛クリームを使う前に

特に、肌が敏感で荒れ易い方は、肌へのダメージが少ない方法をサロンで相談することが一番ストレスが少なくムダ毛処理への一歩に近づけます。 最終的にご自分がどの方法を選んだとしても、安易にカミソリや除毛クリームに頼る前に まず信頼できるサロンにご自分の肌質や肌状態を分析してもらうことは決して無駄にはなりません。毛周期も知っておくと後々まで役に立つでしょう。 【トップに戻る】