脱毛が初めてのお客様の為に、脱毛に関するあらゆる情報をご提供いたします。

埋没毛の原因と対処法

カミソリなどで自己処理をしていると発生しやすい埋没毛・・・
ホクロかなと思い良くみたら皮膚の薄皮の下に毛がまるまってしまって、とても気になりますよね。
いずれ、表面に出てくるだろう・・・なんて事を思っている方は要注意です!
埋没毛は色素沈着を起こす可能性があります!!
そもそも埋没毛はどうやって出来てしまうのか?

埋没毛の出来る原因

埋没毛(埋もれ毛)は表皮の下に毛が潜り込んでいる状態を言います。
主な原因として、ムダ毛の自己処理の失敗から発生します。

maibotsu

間違ったムダ毛の自己処理をすることにより、毛穴が傷ついてしまったりします。
傷ついた毛穴は傷どおしが癒着したり、カサブタとなって毛穴を塞いでしまいます。

埋没毛が出来やすい自己処理方法

・深剃り・逆剃り・毛抜きの処理で埋没毛が出来やすくなってしまいます。
これらの処理は毛穴を傷つけてしまう可能性が高く埋没毛が発生しやすくなります。
また、毛抜きによるムダ毛処理は特に埋没毛の原因になりやすいです。
特に毛の流れに逆らって無理やり毛抜きで抜く事で、毛穴がひどく傷ついてしまいます。
正しいやり方で自己処理をすれば、埋没毛が発生する可能性は低くなりますが絶対に発生しない訳ではありません。

埋没毛の対処法、どうやって処理すれば良いのか?

対処法としては、針や毛抜きでほじり出すか、放置をすることで処理できます。
ただし、どちらの方法も用いたとしても若干なりのリスクを伴います。
針や毛抜きでほじり出すのは、皮膚をひどく傷つけてしまう恐れがあります。
傷ついた肌は、傷口から雑菌などが入り、それが原因で色素沈着する恐れもあります。
埋没毛を放置をすれば、いずれ毛は分解されるのですが、色素沈着してしまう可能性があります。

埋没毛を放置するとどうなるの?

時間とともに分解され、消えていきます。
ただ、まれに色素沈着を起こしてしまったり、炎症を起こす可能性があります。
炎症を起こすと毛嚢炎(もうえんのう)という症状になることがあり
ニキビのように赤く腫れ上ってしまう事もあります。

埋没毛に悩まされない為には

一番の解決方法は「脱毛」をしてしまうことです。
間違ったムダ毛処理をすることが無ければ埋没毛には悩まされません。
確かに脱毛はお金と時間がかかりますが、埋没毛に悩まされ素肌を見せられない・・とか
色素沈着してしまった部分へのスキンケアなどの費用を考えると脱毛することが一番安価で早い解決方法かと思います。


恵比寿で脱毛するならお得なパトラクシェの脱毛⇒『恵比寿で全身脱毛するならパトラクシェの全身脱毛コース』

埋没毛が出来やすい場所

・すね ・ワキ・お腹・ビキニライン が出来やすい部位になります。
毛が濃かったり、皮膚が柔らかく毛の生える方向がバラバラの部位になりやすいです。
また、皮膚がこすれやすい部位も埋没毛ができやすい部位になります。
黒くボツボツと目立つ埋没毛に悩まされるくらいなら
脱毛して自信を持ってお肌を出せるようになる方が建設的な考え方だと思います。

その他、脱毛に関してのご質問例はコチラ⇒『よくあるご質問』

脱毛や美容に関するお問い合せは

お電話によるお問い合せ:03-5489-7118

メールによるお問い合せ:info@patolaqshe.com

LINEによるお問い合せ:ID patolaqshe で検索!

脱毛メニューは

恵比寿で脱毛するなら、パトラクシェへお問い合せ下さい!

パトラクシェのグランドメニューはコチラ⇒『恵比寿・代官山脱毛サロン パトラクシェのメニュー』

Menu btn off


恵比寿で全身脱毛するなら、エリア最安値のパトラクシェがお得です!!


関連記事一覧