脱毛が初めてのお客様の為に、脱毛に関するあらゆる情報をご提供いたします。

日焼けをすると脱毛できないって本当?

夏に向けてお肌が焼けてしまう可能性が高くなります。
そもそも何故日焼けをすると脱毛ができないのか?その理由を見ていきましょう。

光脱毛の仕組み

脱毛器から照射される光は「黒い色」に反応する光が照射されます。
光が黒色にあたると、その部分が急激に温度が上がります。
発毛細胞はタンパク質からできていて、熱することで細胞を破壊することができます。

光脱毛器(美容ライト脱毛)は毛の黒色に反応し毛を媒介として発毛細胞にダメージを与えて
不再生にする脱毛なんです。

 

Q:脱毛の光は日焼け跡にも反応する?

 

A:はい、皮膚の色に反応してしまいます。

 

太陽の光を浴びた肌が有害な太陽光線(紫外線など)を皮膚の中に吸収しない為に
メラニン組織が活発になり、肌が黒くなる状態、日焼け状態がおきます。
光脱毛器の光は、この黒く焼けたお肌にも反応してしまい
本来、毛だけに反応すべき熱量が皮膚にも熱を帯びさせてしまい
火傷や炎症などのお肌のトラブルの原因となってしまいます。
つまり、日焼けしてしまったお肌には光脱毛器の光を照射することは禁止されているため
日焼け後は脱毛施術ができなくなってしまいます。

日焼けしてしまったら、どれくらい期間をあける必要があるの?

日焼けの程度にもよりますが、日焼けしたばかりはお肌がすでに軽い炎症状態にあります。
すぐに脱毛施術をしてしまうと、傷口に更に刺激を与えてしまうのと同じなので
お肌の炎症が鎮静してから2ヶ月程度お時間をあけてからの施術開始となります。

真夏じゃないから大丈夫???

日焼けは夏だけにするものではありません。
逆に紫外線が1年間で一番強い時期は晩春〜初夏に掛けての時期になります。
一般的に6月は日本は梅雨の為、日光が差す時間が少ないですが、梅雨に入る前の5月が日本では一番紫外線の強い時期と言われています。

夏は、日光の日照時間が長いため、日焼けしやすいですが、春〜夏にかけて一番油断しやすい時期ですのでご注意下さい。

 

また、汗ばむ季節は逆にお肌の水分不足になりやすい季節でもあります。
乾燥は冬と思っているのも、お肌のためにはとても良くない事なんです。
汗をかいてしまうことにより、お肌の水分が外に出てしまう・・
汗をかく季節こそ、気持ち悪いかもしれませんが保湿に気を遣わなければ
日焼けと合わせてお肌にとっては二重苦となってしまいます。

上手に脱毛をする為には

これからお肌がでる服を着る季節です。
お肌が露出している部分は、お出かけの際はシッカリとUVケアをして下さい!
また、日々保湿ケアをして、シミ・シワ・くすみ対策も必要です!
夏に向けて折角脱毛を始めたのに、本番で脱毛ができない・・・
思いもよらない事にならないように、お気をつけ下さい。

 

光脱毛の仕組みについて詳しくはコチラ⇒『光脱毛の仕組み』


関連記事一覧