脱毛が初めてのお客様の為に、脱毛に関するあらゆる情報をご提供いたします。

生理中に脱毛はできるのか?

なぜ生理中だと脱毛を断られるのか?

一般的な脱毛サロンや、美容皮膚科でも生理中のVIO脱毛はお断りをしているかと思います。
ただ、VIO以外の部位については、生理中でも脱毛はできます。
では、なぜ生理中にはデリケートゾーンの脱毛だけができないのでしょうか?

生理中にVIO脱毛ができない理由

1.衛生面の問題

生理中は、ご存知の通り普段より衛生的にしておく必要があります。
そもそも生理とは古くなった子宮内膜がはげ落ち、出血と共に体外に排出されます。
剝げ落ち、新しい子宮膜が出来るまでの期間は、通常の子宮よりも雑菌などに対して防護が落ちてしまっています。
雑菌が子宮に入ってしまうと、子宮内膜症などのとても深刻で危険な病気になる恐れがあります。
パトラクシェでは、脱毛器や周辺を消毒するのに大腸菌などの雑菌をほぼ100%滅菌できる消毒液を使っておりますが
もしもの事を考えて生理中のVIO施術はお断りしています。
2.痛みから

生理中はとてもお肌が敏感になります。
特にデリケートゾーンは皮膚も薄く、大切な部分の為、神経が張り巡らされています。
つまり通常我慢できるような痛みでも、過敏になった肌や神経は、いつもよりも痛みを感じやすくなってしまいます。
一度、その痛みを感じてしまうと、それ以降の施術が怖くなってしまう恐れもあります。
痛みが原因で、脱毛を途中で断念される方も少なくありません。
美容ライト脱毛(IPL光脱毛)はレーザーやニードルに比べると全く痛みを感じない脱毛ではありますが
全くの無痛という訳では無い為、痛みが感じやすい時期の痛みの感じやすい部位の施術は避けて頂いた方が無難です。
またお肌がデリケートになっているということは、余計な刺激を加えることで、日常出ない肌トラブルが出る恐れもあります。

3.では生理後いつからVIO脱毛はできるのか?

生理が完全に終了してから、2〜3日後から施術を受け付け始めております。
ただし、誰でも完全終了から2〜3日後で問題無いという訳ではありません。
生理後の施術については、比較的皮膚の厚い痛みに強いVラインでパッチテストをしてから
痛み度合いやお肌の状況を見てからIライン、Oラインの施術を致します。
また生理が完全に終わる前にVIO施術でご来店頂いても、施術をお断りする事もございますので予めご了承下さいませ


関連記事一覧