パトラクシェのエステティシャンが、若さや美肌を保つために必要な情報をご提供いたします。

肌老化対策は大丈夫ですか?

お肌の仕組み

肌老化に悩んでいる方がどんどん増えています。
CMを見ても、アンチエイジング化粧品(SK-○など)肌老化を意識しない日は無いくらい身近な事になっています。
肌老化を考える前に、まずお肌の仕組みからおさらいしていきましょう!

一般的に『肌』と呼ばれるモノは、2つの層から成り立っています。
Zu 01

①表皮層(角質層含む)②真皮層
これら2つの層をまとめて「肌」や「皮膚」と呼ばれています。
肌は私達人間だけでなく、全ての生き物の身体全体を覆っており、外界からの刺激や菌などの侵入を防いでくれています。
また、常に皮膚は呼吸をしており、余分なガスなどを体外に排出する役目も持っています。
皮膚は絶えず摩耗しており、常に新しい細胞が生まれ再生を繰り返しています。
この皮膚の再生と美容が常に大きな関係を持っています。

皮膚の各層の役割

■表皮の仕組み
表皮は、常に目に見えている部分です。皮膚はこの表皮層の奥の「基底細胞層」で新しい皮膚細胞が生まれ
約28日間で表皮の一番外側のに届き「角質層」となります。
そして約14日間かけて垢として剥がれ落ちていきます。これが世に言う「肌のターンオーバー」です。
このターンオーバー周期は加齢等によりどんどん日数がかかるようになります。
一般的に20才の肌のターンオーバーは28日程度と言われていますが、40才になるとその倍の50日程度かかると言われています。
主な原因としては、加齢による細胞老化や新陳代謝が悪くなる事が原因です。
狂ったターンオーバーの肌は角質層も乱れ、剥がれ落ちるべき角質が溜まってしまい層が厚くなります。
また厚くなった角質層はメラニン色素が残留しやすくなり、シミやくすみなどの原因となります。


■真皮層の仕組み
真皮は線維や毛細血管、リンパ管などがつまっており
これらが表皮層をささえて酸素や栄養素を送り込んだり老廃物を運び去っています。
つまり肌を支える土台の役割を果たしています。
主な成分として、保湿の役割を持つコラーゲンや弾力性が関わるエラスチン、それらの間を埋めるゼリー状のヒアルロン酸が有名です。
女性ならば全て一度は聞いた事があるものばかりだと思います。
これらは「線維芽細胞」という細胞から分泌されます。皮膚の弾力やハリは、このコラーゲンやエラスチンによって大きく左右されます。

肌老化とは?肌老化の4大原因

世の中のもののほぼ全てに老化現象があります。
金属などは、使っているとサビたり摩耗したり、繊維も切れたりします。
お肌も同様に使っている(生活している)と日々劣化をしていきます。
ただし、肌は常に新しい細胞から生まれ変わっていますが、加齢による体力低下と同じように
年々再生スピードや再生力が低下してしまっています。

肌老化は昔は加齢と共に・・・と思われてきましたが、最近はそうとも言い切れません。
生活環境や食生活の変化、ストレス環境の変化などで若い世代からも肌老化が始まってしまっています。

では、肌老化にはどのような原因があるのでしょうか?
肌老化の大きな原因として「紫外線」「皮膚の乾燥」「細胞の酸化」「皮膚の菲薄化(ひはくか)」が挙げられます。
それぞれどういうものか見てみましょう。

【光老化(紫外線によるダメージ)】
<生後ずっと紫外線にさらされています>
紫外線をわずか数分間浴びても肌はダメージを受けます。
しかも紫外線を長年浴び続けることで、シミ・シワ・たるみなどを引き起こしてしまいます。ごれを「光老化」といいます。

<悪影響の紫外線には3種類あります>
紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cという3つの光の波長があります。
どれも肌には有害なのですが、それぞれ違った影響がでてきます。

スクリーンショット 2014 12 23 12 46 16
■UV-A
UV-Aはメラノサイトを活性化して黒くなる日焼け(サンタン)を起こすもので、UV-Bと比べてそれほど急激な作用はありません。
しかし光老化を促進させている主因は実はUV-Aなのです。
UV-Aは波長が長いため雲や窓ガラスも通り抜け、晴れた日にしか心配がいらないUV-Bよりも20~30倍の量が私たちに注がれています。
そしてUV-Aの波長は肌の真皮にまで到達し、肌の張りを保っているコラーゲンとエラスチンという2つの繊維を壊す酵素を増やします。
コラーゲン繊維は小さく切断され、エラスチンは変性されてしまうのです。
酵素が増えた肌は、弾力を失ってタルミ、シワを発生してしまいます。
また皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけるほか、皮膚の免疫力も低下させます。

■UV-B
UV-Bは肌の表皮にあるメラニン細胞を活性化させて多量のメラニンを生成させる作用があります。
波長のエネルギーが強く、表皮細胞の遺伝子に傷をつけるのでシミや皮膚ガンの原因にもなります。
波長が短いので、真皮層までは届きませんが真皮にある肌のハリを保っているコラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高め
間接的にシワの原因を作り出します。

■UV-C
人体に最も悪影響と言われる波長ですが、幸いにUV-C波は大気層にある「オゾン層」を通り抜ける事ができず地表まで届かないと言われます。
ただ、近年オゾン層破壊問題があり、オゾンホールのある部分については、最も有害なUV-C波が地上に降り注いでいます。



【細胞の酸化】
<実は身体はサビています>
人間の身体は金属と同じように、日々サビているのをご存知でしたか?

鉄をサビさせるのは、「酸化」です。身体も同じように、酵素が変化してできた「活性酸素」が原因でサビさせてしまいます。
皮膚が酸化すると細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせ、老化を進めてしまいます。

さらに活性酸素を発生しやすくなる環境が、現代の私たちの周りにはたくさんあるのが事実です。
主な原因は毎日の生活習慣ともいえます。 添加物の多い食生活や、慢性的な睡眠不足、睡眠開始時間の深夜化、
喫煙や飲酒、大気汚染や紫外線の照射など活性酸素を発生しやすくする原因となるのです。



【肌の乾燥】

<20歳前後をピークにどんどん失われいく肌の潤い>
肌乾燥は角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因です。
肌が乾燥すると、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、ヒビ割れのような隙間が生まれます。
その隙間からどんどん水分が蒸発して、余計に肌乾燥が深刻化してしまいます。
それらが加速することで、小ジワの原因となります。


<肌の潤いを保つ3つの成分>

皮膚は角質層で潤いを保っています。その成分は「天然保湿因子(NMF)」「角質細胞間脂質」「皮脂」の3つです。
スクリーンショット 2014 12 23 13 18 12

■天然保湿因子(NFM)
天然の保湿成分で主にアミノ酸や尿素などで構成されています。これらが角質細胞全体を潤わせて、しっとりした肌にしています。

■角質細胞間脂質
角質細胞が120層も積み重なり、その間をセラミドを主体としたコレステロール・脂肪酸などの脂質分子と水分子が層状に並んだ多重層構造で保水しています。

これらの2つの成分に水分が足りなくなると細胞は徐々にしぼんで行きます。
ケラチン繊維が凝集した状態になり、角質の弾力が失われ古い角質が残り、厚くガサガサになって細かい亀裂ができます。
これが小ジワや目の周りのちりめんジワになります。



■皮脂
水分と皮脂が、アミノ酸などで乳化され弱酸性の皮脂膜を作り、皮膚が乾燥しないように肌を覆ってくれます。これが「天然のクリーム、皮脂」です。

しかし加齢と共にホルモンバランスが崩れてしまい皮脂腺の分泌量が大幅に減少しはじめ、この天然のクリームが作られなくなり皮膚が乾燥しやすくなます。
また、繊維芽細胞は絶えずコラーゲンやエラスチンを補給して皮膚にはりや弾力をもたらしていますが
皮膚が乾燥すると線維芽細胞の活動が鈍くなり、エラスチンやコラーゲンの産生が減少し、皮膚の老化の原因となります。
それにより肌のタルミやシワがどんどん増長されてしまう結果となります。



【皮膚の菲薄化(ひはくか)】

<加齢と共にどんどん痩せていく肌>
肌は加齢と共に真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、肌細胞を作り出す力も衰え、表皮も薄くなっていきます。
そしてこれらと深くかかわってくるのが女性ホルモンです。
女性ホルモンは加齢と共に分泌量が低下の一途をたどってしまいます。

Zu 08

女性ホルモンは真皮のコラーゲンの生成を促進し、紫外線の影響を受けにくくするといわれています。
しかし、女性ホルモンの分泌が減少するとコラーゲンの分泌量の低下や新陳代謝の低下を招きます。

そして皮脂腺の活動が鈍くなり皮脂(肌を柔らかく保つ天然の軟化剤)を生成する速度も遅くなります。
その結果、肌がたるみ、若く、ふっくらとした柔らかさが失われます。

ただ、現代は加齢だけでは無く、若い世代の女性も女性ホルモンが現象してしまう事が分かっています。
「自分は若いから大丈夫」と思っている方は特に注意が必要です!

女性ホルモンの低下の原因として
・加齢
・添加物の多い偏った食生活
・生活の夜行性化
・喫煙
・ストレス

などが挙げられます。
現代に生活する以上、それらは全て避けられない生活環境なので若いからといって油断していると若年性更年期障害を引き起こす原因もあります。
また、女性ホルモンと体毛の濃さは綿密な関係があります。
女性ホルモンの低下により、体毛が濃くなった・・・ヒゲが生えてきたなどの報告もあります。

女性ホルモンの低下などについて詳しくはコチラ⇒『女性の体毛が濃くなる原因』

肌老化対策は???

既に様々な肌老化の原因を学ばれたと思います。
では、実際どのようにして肌老化対策をすれば良いのでしょうか?
一番シンプルな回答は、それぞれの悪性原因の反対の良性行動をすれば良いのです。
バランスの良い食生活、早寝早起きの習慣、喫煙などをしない、ストレスを感じない、、など
これらができれば別に悩む必要も心配する必要もありません。
ただ現代日本において、「普通に生活する事」が肌に悪影響の生活態度なので、困ったものです。
情報のグローバル化、簡単に済ませられる外食やお総菜、深夜まで走る公共交通機関など、人間生活が便利になればなるほど
原始的な身体の構造には悪影響を及ぼしてしまっています。
それは、肌の仕組みが100年前も1000年前も同じ仕組みででき上がっているからです。

では、現代的にどのように肌老化対策をすれば良いのでしょうか?

直ぐにできるのが、「光老化」対策です。
これは紫外線対策を施していれば、避けられる老化現象です。
一昔前の流行と違い、現代日本では肌を焼くのを好まないトレンドがあります。
これはとても良い傾向で、美白・美肌を意識していれば対策となります。

では、生活習慣(睡眠や食生活、ストレスに関わる)が原因の場合はどうでしょう?
人が居ない空気がキレイな田舎に住めば対処となるのでしょうが、都市に住み、都市で働いている場合はかなり困難な状態といえます。

そこで、様々なサプリメントやエステで肌老化対策を補ってみては如何でしょうか

肌老化に有効なサプリメント

サプリメントといっても数百数千種類のサプリメントが市場に出回っています。
肌にとってとても良いものもあれば、眉唾モノのサプリも多くあります。
その中で、パトラクシェでお勧めしたいのが『SPF豚プラセンタサプリメント』です!

プラセンタも様々な種類があります。ヒト、豚、馬、羊さらには最近は植物プラセンタという商品まであります。
植物プラセンタをのぞき、動物プラセンタは全て同じ『赤ちゃんに繋がっている胎盤』を原料に作られています。
プラセンタとは英語でそのまま「胎盤」を意味します。
人でも動物でも哺乳類動物は母体の中で始めは細胞から始まりそれぞれの形に形成されます。
成長過程で、様々な臓器ができたり、肌ができたりします。
胎盤はその細胞に栄養を与えて成長させる役目を持っています。
つまり、「人や動物を形成する上で必要な栄養素」で作られているのが胎盤なんです。
プラセンタサプリメントも同様に近い効果があり、医学の世界では医療行為に用いられて、様々な効果があることが発表されています。

パトラクシェでは「SPF豚プラセンタ」をお勧めしております。
豚は人間と同じ穀物を主食とした動物であり、細胞も人間にとても近い動物と言われています。
人口皮膚などは豚皮を原料に作られたモノなどもあり、医療の世界では豚と人間の密接な関係が証明されています。

プラセンタは、美容において様々な効果が期待できます。
・乱れた女性ホルモンの適正化
・コラーゲンやエラスチンの生成のサポート
など、その他にも肌老化に期待が持てます。

※サプリメント(補助食品)の使用については、処方箋では無い為、あくまで個人の責任において行って下さい。


プラセンタについて詳しくはコチラ⇒『肌トラブル(シミ・乾燥・シワ)の季節だからプラセンタと相乗効果!』

光フェイシャルなどによる美顔効果

サプリメントなどを用いて、身体の内面から肌老化対策をすることもとても有効だと思います。
ただし、内面からのトリートメントは即効性は薄く、徐々に効果が出てくるものが多いです。
特に乱れた生活の上、健康サプリメント等を服用することで、初期に出る『好転反応』という肌の乱れが起きる場合があります。
好転反応はデトックス効果なので、一度内部にある毒素が表面に出る症状ですが、知らずに起きると余計に状態が悪化したと思う方も少なくありません。

では、有る程度の即効性を秘めた肌老化対策としては、何があるのでしょうか?

様々なエステサービスはまさに肌老化対策と言えなくもありません。
パトラクシェでは、フェイシャルエステ、特に最新の『光フェイシャルトリートメント』をお勧めしております。

『光フェイシャル』とは、特殊な光をお顔などの肌に当てて、新陳代謝を活発化させたり
コラーゲンやエラスチンを刺激して生成を活発化させる最新のフェイシャルエステになります。

フェイシャルエステというと、ハンドマッサージや特殊パックを想像される方も多いですが、それらはエステティシャンの技量により
効果が大幅に差が出てしまう恐れもあります。
その分、光フェイシャルとは、特殊な光を出す機械をお肌に照射するので、ある一定以上の技量の差というのが出ないメリットがあります。
当然、その中でも技量の差は出てくるものですが、パトラクシェでは数百名の光フェイシャルの顧客様がいらっしゃいますので
その部分についても自信を持っておすすめできます。

光フェイシャルについて、詳しくはコチラ⇒『光フェイシャルとは』

これらのトリートメントやサプリメントで補完したとしても、あくまでも最後はご自身でキレイになりたいと思う意思力が必要になります。
エステトリートメントを行えば、当然キレイになりますが、生活態度が全く変わっていないと、いずれは元通りになってしまう恐れがあります。
常に「美」を意識して、生活に少しだけでも肌老化や美肌を意識する切っ掛け作りにもなります。

また、もっと詳しく知りたい!ここが良く分からない。。などご要望・ご質問などございましたら
お気がね無くお問い合せ下さい。


恵比寿・代官山のトータルエステティックサロン「パトラクシェ」

電話:03-5489-7118
メール:info@patolaqshe.com


関連記事一覧