脱毛と言えば気になるのがトラブル,,,,,。どんなトラブルが起きる可能性があり、またどのように対処すれば良いのでしょうか?

レーザー脱毛によるトラブル

レーザー脱毛というのは黒や濃い茶色にのみ反応するレーザーを毛根に当てて毛を作る発毛細胞を破壊するのですが
医療機関で医師が施術する医療行為であるため、医師がレーザーの出力を強くできるという特徴があります。
そのため、肌状態に対して出力が強過ぎた場合強い痛みを感じる、毛根部分が熱傷してしまいひどく赤い炎症を起こす
水ぶくれになる等の副反応が出る患者さんがいらっしゃいます。

光脱毛によるトラブル

光脱毛は強い光の波長を特殊なフィルターを通した上で毛根に照射し毛を作る発毛細胞を破壊します。
レーザーが光の波長を集約して強出力で照射するのに対して、光脱毛は広い範囲の光の波長でいろいろな色目の体毛(細かいうぶ毛まで)
に反応できるメリットもありますが、肌に近づけ過ぎた場合熱傷してしまうことがあります。
ただ機械の正しい使い方を守っていれば絶対に起こらないトラブルなので、ちゃんとしたサロンでは起こることはないでしょう。
よくあるトラブルとして、光脱毛の後は肌がとても乾燥するので、ちゃんと保湿をしていないと痒くなることです。
軽度の副反応です。スタッフによく訊いて、適切なアフターケアーをして下さい。

トラブルにならないために

トラブルにならないために、勿論医療機関やサロンの適切な施術、アフターケアーは言うまでもありません。
ではお客様ができるトラブル防止策として、レーザー脱毛、光脱毛共に、日焼けは厳禁です。
レーザーの場合黒や茶色、そしてメラニンの集合体であるほくろに反応します。
真っ黒に日焼けしている場合はレーザーを当てた場所全部熱傷してしまうので施術できません。
光脱毛にしても、ただでさえ日焼けで乾燥している肌に光を照射したら・・・、恐ろしいですね。
もうひとつの策は、肌を清潔に保つことです。でもゴシゴシ擦ってはいけません。
優しい成分の石鹸、洗浄料をよく泡立てて泡で優しく汚れを落とした後はたっぷりの保湿です。
施術前も、施術後も、清潔で潤った肌を保ち日焼けに気をつけましょう。

【トップに戻る】