脱毛が初めてのお客様の為に、脱毛に関するあらゆる情報をご提供いたします。

脱毛前の日焼け止めはNG?

美容ライト脱毛(IPL光脱毛)は、「日焼け肌」には施術ができません
では、日焼けをしないように日焼け止めを塗っている肌に脱毛はできるのでしょうか?

日焼け止めを塗っている肌に脱毛はできる?

正直、賛否両論のところがあります。
もともと日焼けは身体に有害な紫外線が肌に浸透しないように塗るモノです。
紫外線は黒色に吸収されるので、肌に紫外線が当たるとメラノサイトが肌を守る為に
黒くなるのが日焼け肌ということです。

脱毛器から照射される光は紫外線は含まれていません
脱毛器の光は黒色に反応して熱を帯びさせる光です。
なので、日焼け止めを塗らない素肌に照射しても身体に害はありません。
また日焼け止めに含まれる紫外線拡散剤や紫外線吸収剤という成分にも直接的な影響は少ないです。

ただ、気をつけて欲しいのが使う日焼け止めの種類になります。
ペースト状のSPF値の高い日焼け止めは、肌に塗布すると肌が白くなりますよね。
それは毛穴にも同じ状態になっており、日焼け止めが毛穴に詰まってしまいます。
毛穴に詰まった日焼け止めは、シェービングした後の毛を隠してしまいます。
脱毛器の照射する光は「黒色」に反応する為、毛穴に詰まった日焼け止めのせいで
シッカリとした効果を発揮できない場合があります。
また、100%お肌に問題が無いかというと、日焼け止めもどんどん進化しているので
なんとも言えない部分があります。

絶対に避けるべき日焼け止め

先に記載した通り、できるだけ日焼け止めを塗っていない状態の肌への施術が望ましいです。
ただ、だからといって脱毛サロンに行くまでに素肌が日焼けしてしまったら、これは別の問題になります。
脱毛をする当日は、サロンに行くまでも日焼け対策は重要です!

以上の事から脱毛をする当日は、クリームタイプの日焼け止めは避け(毛穴詰まり対策)
スプレータイプかリキッドタイプの毛穴詰まりがしにくいタイプの日焼け止めを使いましょう。
また日焼け止めを塗っている事をスタッフにお伝え下さい。
事前に軽く拭きとりをして施術を行います。

ここで絶対に避けて欲しいのが「ウォータープルーフ」の日焼け止めを使用する事です。
サロンではお肌に優しいシートで軽く拭きとる程度しかできません。
ウォータープルーフのように、水で拭きとっても取れない日焼け止めを使用すると
脱毛効果が最大限発揮できない恐れがあります。

脱毛の後は・・・?

脱毛後は、普段よりも肌が敏感になっています。
サロンの帰り道に日焼け止めを塗らないと、普段よりも紫外線ダメージが肌に残ってしまう恐れがあります。
脱毛器の光では「シミ」はできませんが、脱毛後の外出で紫外線を肌に直接浴びてしまうことで
お肌にシミや軽い火傷を負ってしまうリスクが高まります。

お肌に合う合わないもある事でしょうから、普段から愛用している日焼け止めをご持参いただくことをお勧め致します。

パトラクシェでは、日焼け止めを忘れた方に、スプレータイプの美白もできる日焼け止めをお貸ししております
ご要望の方はスタッフまでお申し付け下さい。



その他、脱毛と日焼けについてはコチラをご覧下さい。⇒『日焼けをすると脱毛ができないって本当?』


関連記事一覧