脱毛が初めてのお客様の為に、脱毛に関するあらゆる情報をご提供いたします。

顔脱毛について

最近、お身体の脱毛だけでなく、お顔の脱毛も多くなっています。
また、加齢とともに今まで無かった口ヒゲみたいなものが女性でも生えてくる方も多くみられます。
顔は、とてもお肌が薄くデリケートな分、ちゃんとした知識をもったサロンで脱毛を受けたいですよね

顔脱毛はニキビがあるとできないの?

正確に言いますと、出来る場合と出来ない場合があります。
どのような場合に出来て、出来ないかというと ニキビの炎症が治まり、治りかけている場合などは脱毛施術が可能です。
逆にニキビが炎症を起こしてお肌が赤くなっていたり痛みを伴っている場合は、その部分の施術はできません。
光を照射することにより、炎症を更に促してしまう可能性があるからです。
傷口をヒーター等で暖めたりすると、痛みが増したりしますよね。
光脱毛は近赤外線を照射するため、照射した部分の血行を良くする効果や暖めてしまう効果があり炎症を起こしている部分は照射を避けています。

顔脱毛ってシミにならないの?

脱毛の光が直接原因でシミにはなりません!シミの原因は「紫外線」です。
光脱毛器は近赤外線でお肌に有害な光(紫外線)は一切照射されません。
ただ、光が直接原因では無いが、後日にシミができたという報告はあります。
それは、脱毛後のケアの問題です! 少なからず光脱毛が原因でお肌は敏感になっています。
脱毛施術後にシッカリとした日焼け対策(UVケア等)を行わないと何もしていないより紫外線を吸収してしまう可能性があります。
また、脱毛当日にピーリングを行ったり、強くこすったりすることでお肌のダメージが深刻化してしまいそれが原因でシミになる恐れもあります。
また、レーザー脱毛は光の照射が強いため、火傷を負う可能性があります。
火傷は傷と一緒なので、その火傷が原因でシミになったりすることもあります。
クリニックさんでしか受けられないレーザー脱毛は、施術後に鎮静作用のある薬が処方されることもありますが
必ず処方箋にそって塗布するようにして下さい。
光脱毛については、レーザーほど強力な光を照射しないこととお顔脱毛については
必ずジェルを利用することで火傷を負うリスクは極限まで低くなっていますので光脱毛は安全にお顔脱毛ができます!

お顔脱毛はどれくらいの回数と期間が必要?

お身体同様に6回以上でケアが楽になり、シッカリとした結果を出す為には12回〜18回は必要になります。
お身体同様に、表面に見えている毛は全体の20〜30%程度しか見えておらず
効果を出す為には毛周期に沿って何回か施術をする必要があります。
また、お顔の毛周期は身体のそれよりも早く、だいたい1.5ヶ月〜2ヶ月に1回施術を行うのが良いとされています。

お顔脱毛のメリット

お顔脱毛をされる方の動機として
⓵セルフケアの時間が省略される
セルフケアに使っていた時間を趣味や睡眠などに回せられます!
⓶異性とお顔を近づけた時に気にならなくなる
油断していた・・・などが発生せず自身を持てます
⓷お肌のトーンが上がる
日本人の毛は黒なので、うぶ毛が密集しているとそれだけ顔色がくすんで見えます。
また光脱毛の光はお肌の血流を良くしたりコラーゲン生成を活発化させるなどの副産物があります!
⓸化粧ノリがよくなる
うぶ毛やムダ毛ではじかれていた化粧水やオイルなどがなくなり、直接お肌に浸透しやすくなります!
同様にファンデーションなどもうぶ毛が無くなる事によりお肌に馴染みやすくなります!
⓹気になっていた肌荒れやニキビ跡が気にならなくなる
ニキビ跡や肌荒れは、お肌の水分不足の原因が大きいです。光を照射することで血流が良くなり
コラーゲン生成が活発化されることにより お肌の水分量が増し、結果キレイな素肌を取り戻す切っ掛けにもなります! など様々なメリットが挙げられます。
お顔脱毛は本当にメリットが多く、お身体の脱毛をされて、脱毛のメリットをご存知の方には特にお勧めしたい脱毛になります。

顔脱毛が出来ない箇所

・ホクロやシミ
・肝斑
・頭髪部分やまつ毛
・粘膜部分(まぶた、唇、鼻の中)
・傷口
・炎症を起こしているニキビ
・日焼けをしている場合

お顔は体内でも特にデリケートな部分なので、注意しながら脱毛を進めて下さい。
ちょっとした油断が、後で後悔するなど、取り返しのつかないことにならないように
ちゃんと知識を持ったサロン等で相談しながら目的を達成して下さい。
また、家庭用脱毛器等などでセルフ脱毛を考えられている方もいらっしゃるかもしれませんが
間違って目に光を当ててしまい失明してしまった等の事故例もありますので
ワキ脱毛などとは違い危険を伴いますので、セルフ脱毛はあまりお勧め致しません。


関連記事一覧